アトラスコプコ、フランス南西部でコンプレッサーの販売代理店を買収

 Atlas Copco (アトラスコプコ):ナッカ、スウェーデン、2022年7月5日

 Atlas Copcoは、フランスのコンプレッサーディストリビューターであるFITEC S.A.S.を買収しました。同社はロータリースクリューコンプレッサーと補助装置の販売とサービスに特化しており、主に中小企業に販売しています。

 FITECは民間企業で、フランス南西部のバイヨンヌに近いタルノスに拠点を置いています。会社には8人の従業員がいます。

 「この買収は、フランス南西部地域でのプレゼンスを強化する機会です」と、ビジネスエリアのコンプレッサーテクニック社長であるVagner Rego(ヴァグナー・レゴ)は述べています。

 購入価格は開示されていません。

 買収した会社は、コンプレッサー技術事業領域内のサービス部門の一部になります。

■ Atlas Copco Group
 素晴らしいアイデアはイノベーションを加速させる。アトラスコプコでは、1873年以来、産業アイデアをビジネスクリティカルな利益に変えてきました。お客様の声に耳を傾け、お客様のニーズを知ることで、私たちは価値を提供し、未来を念頭に置いて革新します。2021年、アトラスコプコの収益はBSEK 111 (約1兆4.430億円、13円換算)、年末には約43,000人の従業員がいました。

 ニュースリリース
 *リリース内容から「ですます調」で表記しています。