日立金属、約30億円投じて東日本地区の物流倉庫・加工工場を埼玉県加須市に集約移転

工具鋼国内サービス体制強化

 日立金属は9月9日、金型用工具鋼の販売会社、日立金属工具鋼(本社:東京都港区)の東日本地区に有する物流倉庫と加工工場を約30億円投資して埼玉県加須市に集約移転し、サービス体制を強化すると発表した。集約移転した同物流センターは金型用工具鋼を取り扱う国内最大級の規模を有しており、顧客への納入リードタイムをおよそ20%短縮することで生産性向上のニーズに応えていく。

 金型用工具鋼は、日立金属の主力製品の1つであり、同事業の強化・拡大に向けた成長戦略を展開して国内外の市場でのさらなる拡販をめざしている。成長戦略の一環として、熱間工具鋼の製品性能と生産性向上に向け、近年では安来工場(島根県安来市)への1万トン級自由鍛造プレスの導入、各拠点への切断・加工、および表面処理・熱処理の設備導入や、新たな製品の開発など、サービス体制強化に向けた施策を展開している。

 こうした中、日立金属は、工具鋼販売会社である日立金属工具鋼の東日本地区に保有する物流倉庫と加工工場を約30億円投じて埼玉県加須市に集約移転することで流通を整備し、顧客への納入リードタイムをこれまで以上に短縮する。

 具体的には、立体自動倉庫の導入をはじめプレート加工までの自動一貫ラインを段階的に構築し、さらには、eコマースシステムを刷新して顧客の使い勝手を向上させることで、引き合いから納入までのリードタイムを約20%短縮する計画。プラスチック金型やホットスタンプ(※1)型の分野で増加している穴加工ニーズに対応するため、ガンドリルマシン(※2)などの加工機器も導入し、顧客への納入体制の強化およびサービス向上を図る。

 集約移転により、金型用工具鋼を取り扱う流通センターとしては国内最大規模のものとなり、東日本地区における供給体制をより強化・拡充し、需要へのタイムリーな対応を実現していく。

 日立金属グループは、今後も材料技術・製品開発力を高め、顧客のニーズに基づく新たな製品やソリューション・サービスを提供していくことで、市場基盤の拡大および国内外での持続的成長をめざす。

<計画概要>

集約拠点:東日本物流加工センター(埼玉県加須市新利根1-10-2

導入設備:新建屋、自動化設備、プレート自動加工ライン、ガンドリルマシン、新eコマースシステム

投資金額:約30億円

稼働時期:2020年10月

◆用語

※1 ホットスタンプ 変態点以上 の 温度 900 950℃ほど に 加熱 した 鋼板材 を 水冷 した 型 でプレスすることにより成形と同時に焼き入れをして、鋼板材を高張力化する工法。

※2 ガンドリルマシン 小銃 や 猟銃 などの 銃身 に 穴 をあけるために 開発 された 特殊 な 機械。ガンドリルによる加工は、高性能な穴を明けることができ、良好な仕上げ面が得られることが特長。

 ニュースリリース