世界の建設機械市場-主要地域別動向、英メディアが報道

 建設機械は需要が急激に変動する傾向がある古典的な周期的市場である。建設、採鉱および採石業の活動が急増すると、リードタイムが長くなり、製造業者は注文を満たすのに苦労する可能性がある。しかし、活動が遅くなると、請負業者やレンタル会社が自らの艦隊(フリート)が自らの規則にしたがって行っている作業には十分すぎると判断するため、販売が急激に落ち込むことがある。需要が100万台を突破したのはこれが2回目である。これまでの出来事は、2011年の中国の景気刺激策支出の急増と2007年の危機前のピークであった。

(約5,100字+グラフ3点)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について