ボルボ建設機械(Volvo CE)、世界で初めて5Gモバイル技術の試用を行うと発表

■携帯事業会社Teliaと独自のコラボレーション

 スウェーデンに本拠を構える大手建設機械メーカー、Volvo Construction Equipment(ボルボ建設機械、Volvo CE、本社:Arvika)は6月13日、同国のモバイル通信事業者Telia Company(テリア)との独自なコラボレーションの一環として、5Gモバイル技術の試用を世界で初めて行うと発表した。

 Telia との5Gパートナーシッププログラムへの旅は、デジタル革新の新しい時代を表している。独自の技術を開発するための革新的なプラットフォームを業界のパートナー企業に提供することを目指している。ボルボ建設機械では、自律型マシンの境界を広げ、安全性、生産性、稼働時間を向上させるサイトソリューションを開発することを意味する。

 ボルボ建設機械は、スウェーデンのEskilstuna(エスキルストゥナ)の試験場で5G対応技術をテストすることが可能であるという、世界的な建設機械業界において、5Gを先取りしてより多くの人々が利用できるようになるうえ、うらやましい立場にある。

 ノルディック諸国各地の企業、そしてさまざまな業界の企業のほんの一握りの企業が、2年間のプログラムに参加するために選ばれる。これは、モバイル通信会社のEricssonとその技術パートナーであるTeliaとの共同作業。TeliaのCTO(最高技術責任者)であるMatsLundbäck(マット・ルンドバク)氏は、今日(6月13日・水)ロンドンの5G World Congressでこのプログラムの立ち上げを発表した。

 ボルボ建設機械のテクノロジー担当上級副社長、Patrik Lundblad(パトリック・ルンドブラド)氏は次のように述べている。「より高速で信頼性の高い5Gネットワークの利点は、接続性において大きな前進となります。建設業界では、モバイルデータを処理する大きな可能性が開かれ、必然的に私たちのマシンが通信して遠隔操作する方法に影響を与えます。このデジタル革命の最前線にいて、新しい技術の開発に協力することは、ボルボCEのためのゲームチェンジャーです。」

 この新世代のモバイルネットワークは、現在の4Gネットワークよりもかなり速い転送速度を提供することが期待されているため、はるかに短い時間で大量のデータを転送することができる。 ボルボ建設機械はEskilstunaの施設で地元のセルラーネットワークを構築し、自らの能力を拡大し、自律的な技術に関する継続的な研究を開発することで、その可能性を検証する。

 鉱業(マイニング)のような分野では、作業者が入る環境が十分に安全になる前に岩石を爆破してから数時間の換気が必要な分野では、生産現場から人間を完全に撤去することにより、生産性と安全性に大きな利点がもたらされる。

 ボルボ建設機械のコネクテッド・マシンの技術専門家、Calle Skillsäter(カル・スキルスイーツ)氏は、「5Gを使用することで、私たちが夢を見ることのできる方法でデータを転送することができ、将来的には自律型および遠隔制御型マシンの可能性を高めることができます。マイニングなどの作業に伴う潜在的な安全上の危険性や停止時間を排除することで、ゼロエミッション、事故ゼロ、計画外の停止ゼロを達成するという我々の目標を達成することに近づけることができます。」

 ボルボ建設機械がTelia、Ericssonと提携したのは初めてのことではない。スウェーデンの企業はまた、昨年受賞したデジタルマイニングプロジェクトに協力した。昨年2月、Telecom Galaで今年のDigitalization Project of the Year(デジタル化プロジェクト・オブ・ザ・イヤー)に選ばれた鉱業における産業移動通信パイロット(PIMM)は、地下1,312フィート以上(約394m、1フィートは約0.3m)の操作が可能なコンセプトのリモートコントロールホイールローダーのテストを見た。この最新のプログラムにより、ボルボ建設機械は高度なモバイルコミュニケーションの専門知識をさらに発展させることができると期待されている。

 ニュースリリース