川崎重工、台湾向けに蒸気タービン発電設備を受注

 川崎重工業は11月18日、台湾の大手製鉄会社である中國鋼鐵股份有限公司(以下、CSC社)向けに、CSC社グループの中鋼機械股份有限公司から45MW級蒸気タービン発電設備1基を、川重商事を通じて受注したと発表した。

 CSC社は、既設のコークス炉の更新に伴い、世界最大のコークス乾式消火設備(CDQ※)と、CDQから発生する熱を回収するボイラーを新設する計画を進めている。川崎重工が受注した蒸気タービン発電設備は、今回新設されるボイラーから発生した蒸気を利用し発電を行うもので、熱の有効活用による省エネルギーとCO2削減を実現する。蒸気タービン発電設備一式を2023年1月に出荷し、運転開始は2025年上期を予定している。発電された電力は製鉄所内へ供給され生産プロセスに使用される。

 川崎重工は、CSCグループに合計9基のタービン発電設備の納入実績を有し、CDQ用蒸気タービン発電設備としては今回が3基目の受注となる。今回の受注は、これまでにCSCグループに納入した設備の高い信頼性とアフターサービス対応が、総合的に高く評価されたもの。

 川崎重工は蒸気タービン発電設備をはじめ、高い発電効率を誇るガスエンジンやガスタービンなど分散型のエネルギー供給に適した製品と、それらを組み合わせたコンバインドサイクルパワープラントから最適なエネルギー供給システムを提案できる強みを有している。今後も製品技術力のさらなる向上とプラントエンジニアリング力の強化に積極的に取り組み、エネルギー関連事業をグローバルに展開するとともに、多様な市場ニーズに的確に応えながら、エネルギーの安定供給と環境負荷の低減、低炭素・脱炭素社会の実現へ貢献していく。

※ コークス乾式消火設備(Coke Dry Quencher)

 コークス炉で乾留(高温で蒸し焼きにして、コークスと揮発性ガスとに分解すること)された赤熱コークスを、冷却塔内を流れる不活性ガスによって消火する設備。密閉した冷却塔内で消火されるため、従来の湿式消火では水蒸気として放散していた熱をボイラーで回収して蒸気を発生させ発電することが可能となる。

 ニュースリリース