建設機械、2017暦年統計まとめ:生産は11%増の1兆6,230億円、貿易統計の輸出は18%増の1兆1,037億円

■総出荷金額(建機工)は19%増の2兆5,513億円

 建設機械の世界需要が回復しており、2018年も引き続き高水準を維持する見通し。日本企業では2017年度第3四半期決算、海外企業では2017年通期業績が発表される中、一部企業では2018年・年度の業績は、ポジティブな見方が多い。米キャタピラー(CAT)が先に発表した2018年1月の機械小売統計は全世界で34%増、アジア/パシフィックは51%増、EAME(欧州・アフリカ・中東)は31%増、中南米49%増、北米23%増となった。2017年7月に2012年11月以来4地域すべてがプラスとなった後、7カ月連続で4地域がプラス。1月の中国油圧ショベル販売は、前年比135%増(日立建機調べ181%増)と高水準が継続中で、コマツが集計しているKOMTRAXでみる中国における機械稼働率は前年比46.6%増の118.1(前年同期:80.5)となった。2月26日から始まる春節明け商戦、特に3~5月の結果は注目されるが、一部で機械の値上げ機運はあるものの、数量ベースで通期10%以上の増加は固いと見られている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について